養蜂

【天然のハチミツは健康に良い】ハチミツの効果・効能と選び方まとめ。

2019年12月17日

 

どうも、こうキングです。

僕は最近、趣味で日本ミツバチを飼っています。

ミツバチは小さくてとても可愛いハチです。

あんな小さなミツバチたちが花のミツからハチミツを作っていると考えるととても不思議です。

一匹のミツバチが一生で集める蜜の量はスプーン一杯とごくわずか

ミツバチ達が一生懸命に集めたハチミツには沢山の栄養が入っており、健康にもとても良いといわれています。

今回はそんなミツバチたちが作ったハチミツにはどんな効果効能があるのか、健康にいいハチミツの選び方なども紹介していきます。

 

ハチミツってそもそも何?

ハチミツの効能を紹介していく前に、まず「ハチミツ」とはどんなものなのか簡単に説明します。

ハチミツとは名前の通り蜂がつくった蜜のことです。自然界のものの中では一番甘いものだと言われるほどとても甘い蜜です。

このハチミツを作れるのは蜂の中でもミツバチだけで、日本には日本ミツバチ西洋ミツバチの2種類が生息しています。

実はこのハチミツを作るのにはミツバチ達の大変な苦労がかかっているんです。

ミツバチ達は空を飛び回って花の蜜を集めて巣に持ち帰り、蜂が持つ酵素で分解します。そこから今度は羽であおいで水分を20%までに下げ、熟成させてできるのがハチミツです。

一匹のミツバチが一生かけて集めるハチミツは小さなスプーン一杯とごくわずか。ミツバチ達はこうして作ったハチミツを食料にして生きています。

苦労のすえできあがったハチミツはとても貴重なものです。

ハチミツはハチが作ったスーパーサプリ

ハチミツの主な成分は水分と糖分、オリゴ糖ですが、それ以外にも沢山の栄養が含まれています。

ハチミツは、ビタミンが豊富です。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、葉酸、パントテン酸、ニコチン酸、ビオチンなどのビタミンがとてたくさん含まれています。

またミネラルも、カルシウムやマグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄など25種類以上含まれています。ハチミツには人間が生きていくために取らなければいけないミネラルがほとんど入っているんです。

それ以外にも、ポリフェノール、アルギニン、グルタミンなどハチミツには150種類以上の栄養が含まれています。

これだけの栄養が入ってるハチミツはまさにハチがつくり出したスパーサプリメントですね。

 

ハチミツに含まれている栄養素

ミネラル カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・鉄・銅・亜鉛・マンガン

ビタミン ビタミンB1・B2・B6、ビタミンk・葉酸・ナイアシン・コリン・ニコチン酸・パントテン酸・ビオチン

アミノ酸 プロリン・グルタミン酸・アラニン・ロイシン・イソロイシン等

有機酸 グルコン酸・コハク酸・酒石酸・酢酸・酪酸・シュウ酸・乳酸

酵素 インベルターゼ、グルコースオキシターゼ、アミラーゼ(ジアスターゼ)

ポリフェノール カフェ酸、ρ-クマル酸、フェルラ酸、クリシン

ハチミツに含まれる栄養

150種類以上

ハチミツの驚くべき効果効能とは

ハチミツにはとてもたくさんの栄養が入っているんですね。

それではここからはそんなハチミツを活用することで、どんな効果効能が得られるのか詳しく紹介していきます。

1 疲労回復

ハチミツの糖分のほとんどは果糖とブドウ糖の単糖類です。

単糖類は多糖類に比べると構造が簡単なため消化するときに分解する必要がなく、摂取すると短時間ですぐにエネルギーに変えることができます。

分解しなくても吸収できるので、胃腸に負担をかけることもありません。

 

疲れ溜まっているときや高齢者など、ハチミツをとることで効率よく栄養を補給することができ、短時間で疲労回復効果が期待できます。

マラソンなどのスポーツの前にもハチミツを摂っておくと効果的です。

また 身体だけでなくハチミツは脳の疲労回復にも効果を見込めます。脳
を働かせるエネルギーとなっているのはブドウ糖です。

ハチミツにはこのブドウ糖が沢山入っているため、長時間脳を働かせた後に取ると頭をリフレッシュできます。

美容効果

 

ハチミツは美肌づくりにも有効です。

ハチミツには栄養が沢山含まれており、美容には欠かせないミネラルやビタミンなども豊富です。

ハチミツには水分があまり含まれていないため、空気中の湿気を吸収しやすい性質があります。その吸湿性が肌から水分を逃がさずキープしてくれるので、ハチミツを使うことでうるおいがある肌になることが期待できます。

またハチミツにはポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用があります。

肌には酸化が大敵です。肌が酸化することでシワシミの原因にもなります。

酸化を防ぐ効果のあるハチミツを使うことで、シミやシワの対策になり、美白にもつながるんですね。

それ他にも、ハチミツに含まれるビタミン類ナイアシンなどにより肌荒れ防止や、ニキビなどのに効果が期待出来ます。

このようにハチミツは美容にも効果を発揮します。

殺菌効果

ミツバチが作ったハチミツには殺菌作用あります。

ハチミに含まれているグルコン酸や過酸化水素を作るグルコースオキシターゼが高い殺菌効果を持っていると言われています。

ハチミツはほとんど腐ることがありません。何年前に買ったハチミツがまだ食べれるということがあるのは、この高い殺菌力があるからです。

このハチミツの高い殺菌効果から、古代エジプトの人は口内炎やのどが痛いときにハチミツをなめていたと言われています。

また昔は戦争でけがをしたときは殺菌作用のあるハチミツを使って治療をしていたそうです。

認知予防にも効果的!

実はあの認知症にも日本ミツバチのハチミツは効果的があると言われています

認知症というは、人間の体内に存在する常在菌が出す、lpsという物質が原因で起こります。

この物質が増えることで、脳細胞が壊れて認知症になります。

なんとミツバチが作り出したハチミツに含まれている「フラボノイド」がLPSという物質を減らし、認知症の発症を抑える効果があると医師たちのあいだで注目されています。

ダイエット効果

ハチミツは白砂糖に比べ、約3倍の甘さがあります。甘さが上がればカロリーも上がると考えるかもしれませんが、実はハチミツは白砂糖より294㌍[100g]とカロリーが低いです。

ハチミツを使うことで、砂糖よりも低カロリーに少ない量で済ませることができます。

また、ハチミツにはグルコン酸が多く含まれています。グルコン酸は短鎮脂肪酸の一種で、脂質と糖を同時に燃やす効果があり、ハチミツをとることでカロリーの消費を早めることができます。

ハチミツは低カロリーでさらに糖と脂質を燃やすことができるので、ダイエット効果にも期待できます。

ただし、取りすぎると逆に太る原因になるので注意が必要です。

二日酔い

ハチミツに含まれるビタミンB2は肝機能の働きを強くし、またブドウ糖や果糖がだるさ改善やアルデヒドの分解を早めてくれるので二日酔い対策にも効果的ですね。

便秘対策

ハチミツに含まれるオリゴ糖やグルコン酸はビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内バランスを整えてくれます。またハチミツのアミノ酸【トリプトファン】がストレス解消に役立ってくれるので便秘になりがちな体質改善にも効果が見込めます。

その他効能が沢山

ハチミツの効能はこれ以外にもたくさんあります。咳止めや水虫対策、動脈硬化の予防、口臭対策頭皮の血行保進などすごい効果効能ですね。

 

ハチミツを選ぶ時の注意点

ハチミツにはすごく沢山の効果効能があると言うことが分かりましたね。

しかし、ハチミツであればなんでもこの効果を得られるというわけではありません

ハチミツを買うと言っても、ハチミツにも純粋ハチミツ、、精製ハチミツ、加糖ハチミツの3つ種類があります。

純粋ハチミツは何も加工がされていなく、ミツバチが作ったそのままのハチミツのことです。精製ハチミツは色やにおいなどを取り除いたもの、加糖ハチミツはブドウわ加えた物です。

実は健康に良いと言われているハチミツは純粋なハチミツのことです。人間が熱を加えて加工してしまったものは本来の栄養素や効果が失われてしまっています。

ハチミツを選ぶときは純粋ハチミツを買うようにしましょ。

ハチミツの上手な使いかた

ハチミツも食べ方次第で美味しさや効果が変わってきます。次の記事ではハチミツの上手な食べ方を紹介していますのでよかったら参考にしてください。

固定種、在来種の種が買えるおすすめの種屋さん【7選】

続きを見る

幼児にハチミツは食べさせないでください

 

ハチミツに関するQ&A

Q ハチミツを作るのはミツバチだけですか

A ミツバチだけです。日本には日本ミツバチと西洋ミツバチが生息しています。

ハチミツを加熱して食べてもいいですか

ハチミツ本来の効果効能を得るためには加熱しない方がいいです。

 

 

 

 

 

 

-養蜂

© 2022 こうキングログ Powered by AFFINGER5